So-net無料ブログ作成
検索選択

タイヤ [自転車]

さて。久々に自転車ネタです。現在ロード3機とピスト1機を保有しているのですが、ロードのホイールは全部カーボンチューブラーな状態です。

使用しているタイヤは3種類。コンチネンタルのスプリンター、ヴィットリアのCorsa Evo CX-Light、そしてTufoのS3-Lite <215g。

この中で、評価対象外なのがコンチネンタルのスプリンター。理由はバルブコアが外れないこと。今チューブラーホイールを使うサイクリストは、ほぼ間違いなくカーボン製のミディアムかディープリムを使用しているので、バルブエクステンダーは必須。そんな中で、バルブコアが交換できないという点は痛い。

その点では、ヴィットリアとTufoはバルブコアもしくはバルブそのものが交換できるのでカーボンリムを使用している殆どの人にお薦めですね。

んで。

まずヴィットリア。バルブ全体が交換できるという視点は非常に優秀。そして、空気圧の変化でさまざまな乗り心地が楽しめるなど、使用していて面白いタイヤ。空気圧を下げるとマイルドな乗り味になるので、推奨空気圧8barとあっても、体重次第では6barでも楽しめます。もちろん自己責任でお願いしますが。

問題は3点。ひとつは、空気が異様に抜けやすいこと。一晩おいたら、3barぐらい下がっていたりしますからね。まぁ、また入れなおせば良いだけなんですが。二つ目の問題は、品質の低さ。バルブごと交換できるという売りは良いのですが、バルブ交換によるストレスで根元からあっさり空気漏れしてしまい、1ミリも走ることなく一本8000円のタイヤが死んだりします。そして、真円度の低さ。3本ローラーをしていると、タイヤのでこぼこで自転車が暴れます。公道だと気づかないと思いますが、ローラーではノイズや振動の原因になりますし、逆に言えばそれだけのエネルギーをロスしているということ。

そんな中、ボクのお気に入りはTufo S3 Lite<215g。兎に角造りがしっかりしています。バルブコアの交換も簡単なので、ディープリムホイールに対応。そして、ローラー台で使用したときの静けさ。真円度が高いために非常に静かで楽です。そして単価が6000円切るというのも嬉しいところ。弱点といえば、乗り心地の硬さ。空気圧を上げても下げても、乗り心地が変わらない。ずっと硬質のモノを回している感覚が抜けません。とりあえず10bar入れておけって感じです。

というわけで、ボクはタイヤを順次Tufoに切り替えています。好き嫌いが分かれるタイヤですが、この硬い感じとロスの無さがボクにはあっているみたいです。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

motoj

いきなりの書き込みすいません
DOGMA FPX
電動最高(自分はDOGMAでなくTTバイクについてますが)
E-motion
と3つも自分に被るので書き込みしました
末永くDOGMAに乗りたいと思ってます
by motoj (2012-04-20 16:52) 

シュン

Dogma FPXは最新のマグネシウムフレームです(笑)。
それにしても、三つも被るって面白いですね。
よろしくお願いいたします。
by シュン (2012-04-21 10:50) 

tiger

空気を入れるときだけパナレーサーのシンクロバルブエクステンダーを使うとバルブ交換不要で色んなタイヤが使えて良いですよ。
by tiger (2014-09-25 16:47) 

シュン

シンクロだと、空気を入れるのがちょっと面倒なんですよね…ただ、先日エクステンションを折ってしまったので、ツーリングのお供に愛用していますよ~
by シュン (2014-10-01 23:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。